携帯がなかった昭和の時代あるある

昭和あるある

古き良き時代の電話あるある

 

今では持っていない人のほうが珍しくなっているスマホや携帯端末ですが、電話を持ち運びできるようになったのは、ほんの20年前の話です。

では、スマホや携帯がなかった時代に皆さんは一体どんなご苦労をされていたのでしょうか?

 

約束事は日程時間を決めて事前予約

今では自由な時間にメール1通で約束を決めるのが当たり前になっている世の中ですが、スマホや携帯がなかった時代は、遊ぶ友達や恋人等に約束を取り付けるのも一苦労でした。

だから、昔は遊ぶ約束をするのも事前に「日程と時間、待ち合わせ場所」を決めておくのが当たり前だったんですよね。

もちろんドタキャンして待ち合わせしていた人が来なかったというのも「よくあるある」の話でした。

 

遅刻が許されない

事前に予定を決めていた相手との待ち合わせ。
途中でアクシデントがあった場合も連絡不可能の状況ですから、当然遅刻することなどもってのほかです。

もし、遅刻した際は、その時間だけ相手を待たせることになってしまうので。待ってる方も待たせている方も連絡がとれないので気が気じゃないんですね。

 

空いてる公衆電話を探すのが大変

スマホや携帯が普及する前は「ポケットベル」など一方的に相手を呼び出す連絡ツールがありましたが、これを持っている人に限って公衆電話を独占的に使っていることが多くって、駅前や大通りにある公衆電話が全て埋まっているということも珍しくありませんでした。

緊急で連絡しないといけない用事などがあった場合は、空いている公衆電話を探すだけでも苦労しましたよ。

 

テレホンカードと小銭は必須アイテム

公衆電話専用の「テレホンカード」というのが昔はありました。公衆電話が少なくなってきて、このテレホンカードも全然見なくなりましたね。

それより前は小銭で利用するしかなかったので、彼女に電話するとき等は小銭を大量にポケット入れて公衆電話に向かったものです。昔は長電話するのも苦労しました。

 

記憶力が異常に発達した

営業マンではない限りは電話帳を持ち歩く習慣などないですから、普段よく電話する番号は丸暗記している人って珍しくありませんでしたね。

今は1クリックで電話できる時代ですから、記憶力が低下しているというもの納得できます。

 

恋人からの家電にドキドキ

今では親に隠れてコッソリ好きな人と連絡ができる世の中ですが、スマホや携帯がなかった時代は家電を通さないと連絡ができない状況でした。

だから、親が好まない友達や恋人の場合、居留守をつかわれたり電話をつないでくれなかったりと障害が結構ありました。

好きな人へ電話するときも、相手が電話口に出るまではドキドキしたり純粋でしたね。

 

まとめ

昭和でも40年代生まれ以上になりますと懐かしい思い出ではありませんか?

ハイテクの世の中ですから、もうあのような古き良き時代って思い出でしか残っていませんけどね。